染色体異常の原因

染色体異常の原因

染色体異常の原因

染色体異常とは、例えば染色体を家の設計図に例えると、そ
の図面の枚数を間違えて多かったり少なかったりした場合や図面が破れてなくなった(構造異常)状態のこと
で、図面上に大事な遺伝子情報があるはずなので、図面が余ったり破れてしまったりすると、大多数の遺伝子異常が一気に起こってしまうことが原因と医学的な観点からいわれています。

 

最近、染色体異常が原因で「不育症」と言う赤ちゃんを授かっても上手く育たずに流れてしまったり、死んでしまう病気があることが知られています。いろいろ調べてみると、外的な染色体異常の原因もあると言われています。

 

例えば、「食品添加物」という元々食べる必要のなかった化合物で「化学調味料」は特に体によくないと言われています。化学調味料を摂取することで脳内に入り、女性ホルモンの分泌を大きく減らしてしまい、お腹の中の赤ちゃんに対しても攻撃し、「染色体異常」を起こさせてしまうそうです。

 

食品添加物の「着色料」も食品の見た目はを良くする効果があるが、その分、染色体異常をおこしてしまう可能性があります。その他にも「発色料」や「酸化防止剤」、「甘味料」や「保存料」に「漂白剤」も染色体異常を起こす原因の一つだと言われている様です。
そして、シャンプーや洗剤などにも入っている合成洗剤や、化粧品にも界面活性剤や酸化防止剤などが含まれる商品が多く、染色体異常の要因の一つではないかと言われています。
妊婦さんには絶対にやめて欲しいと言われている「タバコ」もお母さんが喫煙することでお腹の中の赤ちゃんは低体温になり、一酸化炭素中毒にもなるので、まともな細胞分裂が行われず染色体異常を引き起こしやすく、流産する可能性もありません。

 

コーヒーや紅茶、緑茶等のカフェインも飲みすぎるとよくないそうで、一日フェインは珈琲なら1杯、緑茶や紅茶なら2杯程度なら、妊婦にも許容範囲なのである。1、2杯に抑えておきましょう。何故かと言うと、カフェインは、飲むごとに「パントテン酸」「イノシトール」「カリウム」を奪い去り、お腹の中の赤ちゃんへは、「パントテン酸」が足りないことで、細胞を作ることができず、「イノシトール」が足りなくなると脳に栄養を補充することができず、「カリウム」が足りないと羊水は水分のバランスを保つ事ができず、赤ちゃんは染色体異常起こし、結果的に流産してしまう可能性があります。
ただ、食物添加物をとらなければ、禁煙、禁酒していたら染色体上のない100%健康な赤ちゃんが生まれるとは一概に言えませんが、染色体異常の発生の確率を減らす事はできます。

 

最近では染色体異常を防ぐために男性でも葉酸の摂取をする事で染色体異常を防げる効果がある事が分かったらしいです。

 

あまりにも神経質になりすぎると、返って胎教にもよくありません。ただ、お酒やタバコは染色体異常以外にも様々な疾患を持つ赤ちゃんを育ててしまう可能性もあり、飲まない吸わない方が良いでしょう。