赤ちゃんの先天性異常の原因は?葉酸でどれくらい防げるの?

先天性異常の原因とどのくらいその症状を葉酸で防ぐ事ができるのかを
紹介しています。
葉酸の効果とはどういったものなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

 

赤ちゃん先天性異常の原因は?

 

 

赤ちゃんの先天性異常の原因で良く言われているのが、
妊娠初期の葉酸不足が原因で先天性異常が起こると言われています。

 

これについて少し詳しく見ていきたいと思います。

 

葉酸の歴史を歴史を少し紹介

 

まず葉酸の発見されたらのは最近の事です。
発見されたんおはインドのムンバイという所で発見されたのですが、
発見の当時ムンバイやインド全体では、悪性貧血という症状で悩まされている
妊婦さんが大勢いました。
悪性貧血の症状は貧血の症状にさらに、吐き気や知覚障害なども出てくるような病気です。
しかし、当時は原因も分からず、どのように改善していくかも分かりませんでした。
しかし、ある時、ムンバイで産婦人科の先生が、悪性貧血にある酵母を飲ませた所
なんと、悪性貧血の症状がどんどんと弱っきている事が分かりました。
この酵母についてその後研究され、その酵母はビタミンBと同じような働きを
する事が分かり、ビタミンB群の一種であり、葉酸と名前が付けられました。
でも、この時点ではまだ妊婦さんの貧血だけしか改善の効果が見られていませんよね?

 

その後どんどんと研究が進み1991年にアメリカやオーストラリア、カナダ、中国などで
葉酸が先天性異常の原因を改善して先天性異常になるリスクを下げる事ができるのかを、
調べました。1つのグループには葉酸を投与して、もう1つのグループには葉酸を投与しませんでした。

 

なんと、その結果葉酸を摂取している女性は、なんと72%も先天性異常のリスクが
下がる事がこの研究で分かりました。他の国も実は、この結果は大体同様の数値が
出て、他の国でも葉酸を投与するように、どんどんと進めていきました。

 

そして、アメリカでは、なんとこの臨床試験の5年後には、普段食べる、じゃがいもやシリアル
パスタなどに、葉酸を添付していくように国からこの事を義務かしました。

 

その結果先天性異常の確立はなんと30年前の8分の1の数値まで軽減できました。
この数値は実は日本の先天性異常の出生率の半分の数字で、葉酸を義務化していない日本の
先天性異常の発生率はどんどんと、上がってしまい、30年前の2倍の数値で、1000人に
1人がなんと無脳症を出産すると言われています。
1000人に1人って無視できない巣値ですよね?

 

葉酸は、なぜ先天性異常のリスクを下げれるのか?

 

葉酸の働きから見ていきましょう。
葉酸の本来の働きは、核酸といって、私たちの体はDNAの情報を元に作られています。このDNAを作るのが
核酸で核酸を促進する働きがあるのが葉酸です。

 

逆を言えば葉酸が欠乏していれば、核酸が働かず、細胞の再生ができない状態が作られ
ます。実はここの先天性異常のメカニズムが隠されているわけです。

 

まず、赤ちゃんが誕生した時は、まだ人の形をしておらず。まるで卵のような形をしています。
それが受精卵です。この受精卵は2週目から8週目にかけて、どんどんと細胞の分裂を繰り返しながら
大きくなっていきます。分裂をしては、合体この繰り返しです。

 

そしてもっとも重要とされ、先天性異常の原因となる時期と言われているのが6週目の事です。
この6週目には体の形も大体できてきて、次に私たち体のベースとなる中枢神経を作ります。
この時に葉酸が不足していると、神経を作る時に支障が出てしまいます。

 

その結果ですが、神経が上手く閉まらなくなってしい、これが腰で起こると、二分脊椎という
異常につながり、そしてこれが首の辺りで起こると、無脳症と言う脳が作られない先天性異常
がおこってしまいます。

 

なので、とくに妊娠初期の葉酸不足が先天性異常の原因と言われていて、
厚生労働省からも葉酸の摂取を妊婦さんに推薦しています。これは2000年から実は
はじめられ、2002年には、母子手帳にも書かれている程実は大切な事なんです。

 

そしてこのサイトに書かれている記事も参考にしてみると
ただ、薬局においてある葉酸サプリが良いサプリだけではないようですね。

 

 

葉酸サプリを飲むことは大切なのですが、中には添加物だらけのサプリメントもあるため、成分などはしっかりと確認する必要があります。
参考サイト→購入前に必見!ネイチャーメイド葉酸サプリは危険?

 

 

 

更新履歴